トップ

生活をサポートしてくれる存在

生活で融資を受ける

生活の中で公的融資が可能です

生活していくと、お金はとても必要になります。そして、普段とは違いお正月やお盆などは家族や親戚が集まることもあり普段以上の出費がかかることもでてきます。また、子供がいる場合には春の入学シーズンなどにはまとまったお金が出ていきます。そんなときに、想定外のお金が必要になったときには、市役所の福祉課などで貸付の相談ができます。生活一時金として、低所得者や母子家庭などを対象に金利を低くして融資をする制度がどこの県でもしています。ただ、条件があるので詳しくは福祉課まで問い合わせることが大切です。まず、ここで融資の可能性を尋ねることが一番いいです。

おしゃれ

一時金の使い方について

生活を楽しむためにはある程度の収入が必要です。衣食住にかかる固定費以外にレジャーや趣味のための余裕資金があると良いのではないでしょうか。毎月のお給料で趣味やレジャー費用が賄えない方は、例えばボーナス(一時金)でそれを賄う方法を検討してはいかがでしょう。ボーナスの何割かをレジャーや趣味のための費用として別枠で貯金しておく方法です。毎月の収支計画と併せて年間の生活に必要な費用の計画を立てておくと、一定の収入の中でも有意義なお金の使い方が出来ると思います。お金も有意義な使い方をしてあげると運が開けると言う方もいるようですよ。

↑PAGE TOP

© Copyright 生活をサポートしてくれる存在. All rights reserved.